FC2ブログ

11 ご連絡

あの書留から 一週間
封筒を良く見ると、
特別送達と書いてあった。

やっぱ 特別なんだ。 

なんて考えてながら家に帰ると今度は
こんな書面がポストに入っていた、



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
※                                             
※                                 平成20年5月27日               
※               ご  連  絡                        
※     しんさん 様                                 
※                                             
※                      若潮地方裁判所                 
※                      執行官 和歌塩 辛酸   
※                               
※ あなたが所有している物件を民事執行法第57条、同規則    
※ 第29条に基づき調査に伺いましたが、不在のため改めて    
※ 伺うことにいたします。                   
※                               
※ ついては、在宅の都合を下記までご連絡してください。     
※                               
※ もし、6月4日 までに連絡が無い場合は、不在であっても   
※ 民事執行法により立会人を付して物件内に立ち入り調査する   
※ とともに近隣住居者等に事情聴取することもあります。     
※                               
※           事 件 表 示             
※                               
※  事件番号  若潮地方裁判所 平成20(ケ)第2○○9号  
※                               
※  連絡先  若潮地方裁判所 執行官             
※  電話   03-3○○3-2○○9            
※                               
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

裁判所に電話なんかしたくないし・・・・・

でも近所に知られたら 困るし・・・・・・

それにしても、不動産屋さん売ってくんねーかな~

俺ってなんて不幸なんでだろう

とにかく裁判所に電話しなきゃ



スポンサーサイト

10 担保不動産競売開決定

競売が動き出した



競売開始決定



その日、昼前から急に雨が降り出し、外の工事が出来なくなり
体も濡れたので仕事が休みとなった。

ピィンポンー とインターホンの音 

なぜか異様な胸騒ぎ

私      「はい」

ポストマン  「書留です」

私      「予感的中」

ポストマンの手には今時珍しい茶封筒が・・・・・

私      「ご苦労様です」(妙に朗らかに)

【わかしお地方裁判所・民事執行第3部】より私に親展とは・・・

そして・・・

なんともいえない脱力感と変な汗、汁


来ることは予想していたが、とうとう 来てしまった・。
ああぁ~ 受け取らなきゃよかったのかな?
あのポストマンはどう思ったのだろう?
失敗したかな~  (泣)

これが保証会社の言っていた法的手段・・かぁ・・


9  保証会社との乖離

任意売却を始めてもうすぐ6ヶ月

どうしても住宅が売れない

何度案内してもお客さんの食いつきが悪くて、話が先に進まないらしい。
それに売り価格より借金のほうが多いので、本当に自分の物
になるのか心配して考え直す人もたくさんいるようだ。

不動産会社の営業さんは売る気がないのか電話も掛けてこない。


そんなある日 保証会社の担当からお電話

「今月いっぱい待ちますが、良い話が無いようなら競売をします」

「でも任意売却も同時に出来ますから、任意売却はそのまま続
けても大丈夫ですよ」

そしてそんなある日のある日 不動産会社の担当からお電話

「うちも、いろいろ頑張ったのですが、力不足で本当に申し訳ありません」

「専任契約は残っていますが、他の不動産会社に声を掛けてもいいですよ」

って程度の良い断りジャン (大泣)


そしてそして

 金銭の支払いを目的とする債権の不動産に対する強制執行

いわゆる競売へと流れていくのでした。

ちなみに建設会社の現場アシスタント頑張っています。
なんか本業になりそう・・・・・・です

が、奥さんと上手くいかなくて・・・・借金が原因の家庭不和

8  任意売却難航

任意売却は難航

売り出し価格は1500万円
不動産屋さんでは、ホームページや業者間のサイトとかに載せて
くれましが、反響は少ないということだ。

そこに やっと 買っても良いよという人が現れた。

だけど買いたい金額は1300万円

営業さんが保証会社と交渉してくれたけど、そんなに安い金額じゃ 
ダメ! って   撃沈

「保証会社の担当は当社の査定によればもっと高く売れるはずだ、
あんまり、進展が無いようなら、競売しますよ」と言われたらしい。

競売を脅し文句に使っちゃて・・・ョ

時間ばかりが過ぎていく、不動産屋さん 早く売ってくださ~~い。


7  売却へ


とうとう売ることにした、我が家
【競売されるよりましだもの】

仕事も何とか友人が社長の建築系会社の現場アシスタントで
腰掛の入社(雑用係)
!!!!とにかく頑張らないと!!!!

やっぱ売りたくねーな~

やっと手に入れたマイホームなのに

いろんな思い出があんだよな~

ここで子供が生まれて育って

はいはいして よちよち歩き出して

やっぱり売りたくねーし~

売らずにすむ方法は無いのかな~

でも生活が一番だし

ほかで貸家借りたって今まで住宅ローンと同じくらい
支払わなきゃならないのだよな~

家族で暮らしていけるのかな~

それはそうと
早速友人の伝をたどって任意売却とやらをすることになった。

不動産の営業さんは、ちょっとトロそうで頼りなさそうだけど
ちゃんと売ってくださいね


6  任意売却の申出

任意売却の申出書


そんなこんなしていると、担当者が私に問いかけてきた。

保証会社 「今後どうするつもりですか」

私 「何とかしたいけど・・・今はどうにも」

ほ 「一括で支払ってもらえますか」

わ 「そんなこと無理だって事、あなただってわかるでしょ」

ほ 「住宅を手放して、借金を少しでも減らしたらどうです」

わ 「住むところがなくなるじゃないか」

ほ 「売る気が無いのなら、競売をしますよ」

わ 「そんなこと、本当にするの」?

ほ 「よくあることです」

ほ 「このような売却を任意売却というのです」

わ 「じゃ、そうするけど私をだます気じゃないだろうな」

ほ 「競売より任意売却のほうが一般的に高く売れますから」
   「その分借金もへりますよ」

わ 「どうすればいいの」

ほ 「任意売却してくれる不動産会社は知っていますか」

わ 「あるにはあるけど、任意売却してくれるかはわからないけど」

ほ 「良く聞いてこの書面に不動産会社の判子貰ってきてネ」
   「だめなら、こちらで紹介するから」


かくして意売却へ突入
プロフィール

若潮しんさん

Author:若潮しんさん
(上野)shin@marukou.cc
地域: 千葉   
趣味: ジョギング・渓流釣・チョイ鉄・庭いじり

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
簡単相互リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: