FC2ブログ

モラトリアム法案

貸し渋り貸しはがし対策法案いわゆるモラトリアム法案が衆
議院で可決されました。

この法案には立場によって捉え方が全く変わってきますから、
賛否両論あって当然です。

小企業・零細企業・自営の皆さんの立場からすれば、単純に
返済を猶予ができるものならお願いしたいと考えるのは、
当然のことです。

特に、年末の資金調達は死活問題で、この法案がすんなり通
り、返済猶予ができれば来年からはもっと仕事を頑張ろう。
こんな前向きな考え方にもなるでしょう。

金融機関側からすれば、モラトリアム
(条件変更・リスケジュール)を申し込んだ時点で、新規の
融資は難しくなることは言うまでもありません。

今までは、返済がきつくなった場合、金融機関は案件ごとに
審査していたのですが、今後は、融資先全体を精査しなけれ
ばならなくなり、
ひいてはもっと貸し渋り・・・・・審査の厳格化・・・あと
はモラルハザードの問題も・・・


金融機関は幾ら小さな会社だって、伸びそうな会社や事業計
画には融資をしています。
借りたくとも借りられないのなら、それなりの原因があるは
ずで、
借りられれば・・・返済を猶予してくれれば・・・という発
想より借り入れに頼らない経営に変えていかなければなりま
せんね。

今後も仕事の見込みがないのであれば、延命処置は、辛い
時期を長引かせるだけかも。

モラトリアムもいいけど、
スクラップアンドビルド・新陳代謝・七転び八起き・心機一転、
こんな考え方も有りますよね~
 

今日は株価続落ですね

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

若潮しんさん

Author:若潮しんさん
(上野)shin@marukou.cc
地域: 千葉   
趣味: ジョギング・渓流釣・チョイ鉄・庭いじり

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
簡単相互リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: