FC2ブログ

【片付けられない人々】 その3

【片付けられない人々】  その3

物件の場所は千葉県市川市の郊外、所有者様は40歳後半
一人暮らしの男性、

売却の理由は、住宅ローン返済が出来なくなってしまったから
で、任意売却の依頼は1番抵当権者からです。
所有者様は既に弁護士に自己破産を依頼している方だ。

まずはアポをとり現調(現場調査)です。

そこそこ良いマンションですね、トラオンズマンションの一階で
専用庭がある、日当たりもそこそこ良く、外から見た感じでは・・・

若潮しんさん 「まあまあいけるんじゃない」

オートロックの部屋番号を押してと①②③

私 「こんにちは、しんさん と言うものです」

所有者様「はいどうぞ」
天井まであるガラス扉がゆっくりと開いていく
①②③号室でチャイムを (チンコン♪)

所 「どうぞ中へ」

と言われても・・・・玄関に靴を置ける部分が無いし
散らばっている所様の靴を寄せて、スペースを作ってから

私 「失礼します」

私 「ずいぶん暗いですね」
もう一人の私 「臭いな~換気しなよ」

家の中はとにかく薄暗い、よく見ると窓はしめっぱなでさらに
二重のカーテンがぴったり閉めてある。とにかく窓は開けない
のだそうだ、(だから余計に匂うのだろう)
洋服は脱ぎっぱなしで、幾重にも重なっている、その上には食
べた後のカップラーメンの容器プラス割り箸、その横には、
・・・漬物・・・佃煮・・・・弁当の食べ残し・・・
スナック菓子の屑

キッチンはというと、これまた酷い  
あそこがこうで、あっちもこうで、それにあそこはこうなんです。
エトセトラ エトセトラ

浴室を覗いてみると、天井まで届く勢い
でごみがたっくさん、聞くと自分の家の風呂へはここ数年入って
いないって。
(ここは一段と臭い)風呂の溜り水が腐っているようだ。

トイレは・・・こんなところで用を足すのか?
もし私が使用するとしたら、アクロバチィックな格好となるだろう。
まあ それはいいとして

購入当時は公務員だったのだそうだが、自身が原因の交通事
故とその後の離婚を期にガタガタと来てしまったのだそうです。
とくに最近は世間から孤立したい心境なのだそうだ。(しかし臭い)


そして所様と話をしているうちに、この強烈な匂いに慣れてゆく自分が怖い ・・・
(匂いが薄れたような・・)


・・・いずれにしても生活していかなくてはならない訳です。

私 「もうひとと踏ん張りしましょうよ」本当に再生してほしいです。

(掃き出しと心の窓は開きましょうね、締め切ると腐りますよ~)


任意売却・競売についての相談、まずはメールで・・・
若潮しんさん ueno@landstep.jp
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

若潮しんさん

Author:若潮しんさん
(上野)shin@marukou.cc
地域: 千葉   
趣味: ジョギング・渓流釣・チョイ鉄・庭いじり

最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
最近のコメント
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
簡単相互リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: